生命共済熟年型+熟年入院型

保障内容

月掛金 4,000円

保障期間 65歳〜70歳 70歳〜80歳 80歳〜85歳
入院 事故 1日目から184日目まで 1日当たり7,500円 1日当たり6,000円 1日当たり3,000円
病気 1日目から124日目まで 1日当たり7,500円 1日目から44日目まで
1日当たり6,000円
1日目から44日目まで
1日当たり2,000円
手術(当組合の定める手術) 1万円・2万円・4万円 1万円・2万円・4万円 -
先進医療(当組合の基準による) 1万円75万円 1万円75万円 -
後遺障害 交通事故 1級100万円〜13級4万円 1級100万円〜13級4万円 1級20万円〜13級0.8万円
不慮の事故(交通事故をのぞく) 1級100万円〜13級4万円 1級100万円〜13級4万円 1級20万円〜13級0.8万円
死亡・
重度障害
交通事故 205万円 155万円 53万円
不慮の事故(交通事故をのぞく) 205万円 155万円 53万円
病気 105万円 55万円 33万円
  • 表中「入院」でいう『事故』とは交通事故・不慮の事故をいいます。
  • すべての病気による入院・死亡・重度障害が保障の対象となります。
  • 同一の支払事由について、後遺障害、重度障害、死亡は重複して共済金をお支払いできません。後遺障害共済金のお支払いの後、これと同一の事故により死亡または重度障害となり共済金が支払われる場合は、既にお支払い済みの後遺障害共済金を差し引いた金額をお支払いします。
  • 「入院」について入・退院日が同日(日帰り入院)の場合には入院日数を1日とし、入院料の支払いの有無などにより判断します。
  • 70歳~85歳の病気入院保障は1回の入院につき44日分が限度となります(満70歳になられて初めて迎える4月1日以前からの入院を含みます)。
  • 重度障害の範囲および手術の支払基準は当組合の定めによります。一部お支払いの対象とならない手術があります。
  • 「先進医療」とは厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合し、届出が受理された病院または診療所において行われるものに限ります)をいいます。「先進医療」の共済金は、当組合の定めにより支払限度額の範囲内でお支払いします。

特約コース

基本コースにプラスして、さらに大きな安心を。

手術や先進医療、がん・三大疾病等に対応した特約コースをご用意。
「熟年型+熟年入院型」にプラスして「もしも」にお備えください。

生命共済保障シミュレーション くらべて、なっとく。
基本コースと特約コースの組み合わせなど
ご希望に応じて月掛金や保障内容をシミュレーション

その他の基本コースはこちらから

熟年型+熟年入院型トップへ戻る

資料請求

共済加入申込書の作成、ご請求はこちらから。

詳しくはこちら
閉じる
開く