よくあるご質問

新三大疾病特約について
がんによる通院はどのような場合に保障されるのですか?

保障期間内に初めてまたはがん治療(投薬を含む)終了から5年経過後に診断確定されたがん治療のための次の通院(往診を含む)が対象となります。
なお、あわせて60日分を限度とします。

  • (1)がんの診断確定日からその日を含めて1年以内の通院
  • (2)がん入院共済金が支払われる入院の退院の日からその日を含めて1年以内の通院
がんの診断確定日前の通院について、がん治療のための通院と当組合が認めた場合は通院共済金のお支払いの対象となります。

「熟年 新三大疾病特約」についても同様です。

このご質問に関連した情報は、以下のページでご覧いただけます。

電話でのお問い合わせ

営業時間 9:00-17:00(日曜・祝日を除く)

095-842-8177