よくあるご質問

制度内容について
共済金への課税について教えてください。

「入院・通院共済金」や「後遺障害共済金」などは非課税です。「死亡共済金」については、掛金負担者と共済金受取人との関係により、次のように相続税、所得税または贈与税が課税されます。なお、下表は一般的な事例であり、課税関係をみるときは、実際に誰が掛金を負担していたかで判断されます。くわしくは最寄りの税務署へお尋ねください。

【死亡共済金にかかる税金】下表は例示
実質の
掛金負担者
被共済者
(保障対象者)
共済金
受取人
税金の
種類
相続税
非課税枠
相続人
(妻)
相続税
相続人
以外の者
所得税
住民税
-
贈与税 -
  • 相続人が受け取る場合は、相続税非課税枠があります。

「新型火災共済」の共済金(臨時費用共済金を含む)は、突発的な事故による資産(住宅・家財)の損害により取得したものとして非課税です。ただし、死亡の際に支払われる共済金については、上記の死亡共済金と同じ扱いになります。

このご質問に関連した情報は、以下のページでご覧いただけます。

電話でのお問い合わせ

営業時間 9:00-17:00(日曜・祝日を除く)

095-842-8177